FC2ブログ
2019 04 / 03 last month≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05 next month
立派になりました  02/08/2013  
我が家にセキセイインコが来てから3ヶ月になる。
「手乗りだし、こんなに可愛いのだから、本当の飼い主は…、血眼になって探しているだろうな」
当初はネットの迷い鳥サイトを時々見ていた。
だが、それらしきインコは出ていない。
なぜかホッとする。
「突然、元の飼い主の住所を喋りだしたら…」
なんてことも思ったりしたが、取り越し苦労であった。
住所どころか『おはよう』すら話せない。
賢い鳥でなくてよかった、となぜか喜ぶ私。

インコの成長は思っていた以上に早い。
来た当初は、目が小さく、尾っぽは短く、色はくすんでいるというかしらっちゃけているというか。
ペットショップのインコと比べると、うちのは断然貧相だった。
犬にしろ猫にしろ、元来貧乏くさい容姿を好む私としては、他の子よりちっこい目と貧弱な尾っぽをチャームポイントだと思っていた。
が、昨年12月末位だろうか。
尾っぽが伸びていることに夫(ネパール人)が気づいた。
そしていつの間にか尾っぽはグングン伸び、今や来た時より5cmは長い。
立派な尾になってしまった。
しらっちゃけていたはずの色も、お腹の辺りは綺麗なグリーンとなり、ペットショップのインコと同じくらい立派になってしまった。
依然変わらないのはちっこい目だけ。
多分目が大きくなることはないと思うが、目だけはちっこいままであって欲しいものだ。

そして性格も変わった。
貧相な容姿の時は両手で包み込むことができたというのに、そんなことができていたことが、今となっては夢のようだ。
放鳥したらバタバタ逃げ回り、捕まえられない。
おまけにガブッと噛む、というか突っつきまくられるというか。
これが結構痛い。
我が家にあるインコの本を見たら、いくつか原因があげられており、反抗期か問題行動のどちらかのように思えたが、どっちなのかがわからない。
問題行動…、思いあたることはある。
追っかけまわしてやっとこさむんずと捕まえケージに戻したことがあり、これしか考えられない。

本によると、インコは精神的ダメージを受けやすい。
信頼する人に裏切られたと思い、信頼回復するには地道な努力が必要なのだそうだ。
私が信頼されているとも思えないのだが、どうしたらいいものかと本を見ながら首をひねっていた。
ところが、ある日突然『いい子』になった。
なりつつあると言うべきかもしれない。
噛まれても噛まれても、しつこくかまい続けたことがよかったのか、それとも噛まれることに慣れただけなのか。
以前よりは痛くない。
部屋を暗くすれば容易にケージに戻すことができ、鳥だからして鳥目なのだ。
それに自分でケージに戻ることもある。
インコの心理は全くわからない。

最近のインコ様は、私にベッタリだ。
喜ばしいことではあるが、職場に着き、トイレの鏡を見たら髪の上に白いものが光っている。
取ってみたら糞ではないか。
頭に糞をつけたまま電車に乗っていたのか…

040-0201.jpg
鏡が大好き

031-0201.jpg
鈴も好き


スポンサーサイト
インコだぁーい好き | インコ様 ♪ 愛鳥成長録  | TB(0)  | Page Top↑
TrackBack URL
→http://namaste640.blog.fc2.com/tb.php/41-70b4b303

プロフィール

フリーエリア

カレンダー

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム