FC2ブログ
2018 08 / 07 last month≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09 next month
小さくても存在感大  12/28/2012  
今年も残すところあとわずか。
我が家の今年の一大イベントは、夏までは沖縄旅行だった。
しかし秋に小さな黄色い鳥が来てからというもの、鳥が生活の中心とまではなっていないが、存在感が大きい。
可愛いし、なにせ生命あるものである。
私のやるべき事も増えた。

ここ2ヵ月弱の間にインコの本を買い、ペットショップに足を運ぶこと6回。
本に載っているセキセイインコの好きな野菜と果物を全て試したみた。
野菜は小松菜、春菊、パセリ、果物はりんご、みかん、ドライフルーツで、これまで買ったことのない少々お高いドライフルーツを買ってみた。
しかし我が家のが食べたのは小松菜だけ。
フルーツは、フレッシュだろうがドライだろうが口にしない。
そこでペットショップでみつけた半生タイプのフルーツを買ってみたが、これも我が家のお口には合わないらしい。
全然食べない。
カルシウム飼料のボレー粉も好きでないようだ。
餌に混ぜても、それだけよけて食べている。
案外生意気なのだ。
食べた物をすりつぶしミネラル補給もかねている塩土は好きであり、一番の好物はあわ穂だとわかった。
あわ穂は小鳥のおやつとして売っており、鳥を飼うことになるまでは、こんな物の存在は知らなかった。

餌を見ながらどうしても我が目に留まってしまうのがおもちゃだ。
ブランコと梯子はあるが、私と夫が仕事に行っている間に退屈させたくない。
ぶらぶら3点セットを購入。
『ぶらぶら3点セット』とは私が勝手につけた名称であり、籠に吊るすタイプのおもちゃ三つの詰め合わせだ。
それからインコそっくりの顔のおもちゃであるバードフェイス、放鳥した時に転がして遊ぶゴーゴーペンギン、小鳥の孫の手まで買ってしまった。
孫の手で痒いところを自分で掻いてくれればいいのだが、遊ぶ物と化している。

インコの餌もおもちゃもたいして高いものではないのだが、普段¥1000のTシャツを買うにも悩む私が、ラニ君の物だけは悩むことなくポンポン買ってしまう。

006-1221.jpg

先日、の命の恩人である母が我が家に来て、鳥小屋を見てビックリ。
「ちょっと、あんた、買いすぎじゃない!」

それにしても、相変わらず私の愛情はインコのラニ君には伝わっていない。
断然ネパール夫になついていおり、夫が帰宅すると大喜び。
「ラニ、髭の掃除をしろ。ラニ、耳の掃除をしろ」
小鳥にネパール語で命令をする夫に、ラニ君は言われた通り実行する。
掃除といっても、のめりこみ気味の嘴でクチュクチュするだけではあるが、まるで恋人同士の如く一羽と一人はベッタリくっつき、それに嫉妬する私である。
餌も掃除も全て私がしているのに、なぜ私になつかないのだ!


スポンサーサイト
インコだぁーい好き | インコ様 ♪ 愛鳥成長録  | TB(0)  | Page Top↑
TrackBack URL
→http://namaste640.blog.fc2.com/tb.php/38-ef66876d

プロフィール

フリーエリア

カレンダー

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム