FC2ブログ
2018 09 / 08 last month≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10 next month
2、3日前のこと。
「ニューイヤーに旅行に行かないの?」
ネパールが夫が寝とぼけたことを言う。
「どこか行くなら、いつから休みで、どこへ行きたいのか言ってくれ。正月は混むんだから」
先月から口がすっぱくなるほど言っていたというのに。
「今からじゃどこも行けない。ホテルは一杯!飛行機も席ない!」
と言い放つと
「なぜ?まだ時間、沢山ありますよ」
と夫。
何度同じことを言わせるつもりなのか。
ともあれ今年も正月は寝正月で終わりそうだ。
そして今日もシンガポール旅行の続きだ。


ジュロン・バード・パークを満喫した後はタクシーでホテルに戻り、ホテルの向かいのシティ・スクエア・モールへ行く。
前々日に行った銀行の入っているショッピングセンターだ。
ここの地下にあるフード・コートに直行する。

思えば朝、ホテルで朝食を食べ、バード・パークではコーラを飲んだだけ。
ホテルの種類豊富なバイキング朝食を遅い時間に食べると、夕方までお腹がすかず、一日二食。
安上がりではあるが、旅の『食べる』という楽しみを失っている。

フード・コートには、店が5、6件あったように記憶しているが、もっとあったかもしれない。
ネパール夫の足はインド料理の前でピタリと止まり、母と私の足はインドネシア料理の前で止まる。
母と私が何を食べるか迷っていると
「ワタシもこっちにします」
お金を取りに来た夫の食い気が、インドからインドネシアへと変わる。
並んでいるおかずは唐辛子が利いていると思われるものが多く、生の青唐辛子をバリバリ食べるほど、夫は辛いものが大好きだ。

「私、あの一番上のにする」
壁に貼ってあるメニューの一部である写真を指さし、母は麺類らしきものを選ぶ。
私と夫は目の前のガラスケースの中にある何種類ものおかずの中から3種類選ぶ。
私は鶏肉料理、茄子炒め、空芯菜炒めを、夫は何を選んだのか忘れたが辛そうなおかずを3つ選ぶ。
皿の上にプラスチックの葉っぱが敷かれ、ご飯の横に選んだおかずが盛られる。

清算する時、ふとレジの横をみると、インドネシア風漬物のようなものがあり、好きなだけ盛っていいようになっている。
料金は発生しない。タダだ。
「美味しいから食べてみて」
店員に薦められ、レジの横にある漬物もプラスチックの葉っぱの上にのる。

母の麺類は、本人曰く「美味しい。日本人の口に合う」
一方私と夫が選んだおかずも美味しいしのだがやや辛め。
強烈に辛いのがタダの漬物だ。
辛いけど旨い、旨いけど辛いといった感じ。
「美味しいです。でも、とーっても辛いです」
唐辛子をこよなく愛する夫までもがヒーハーする辛さだ。


126 - コピー
我が家で夫が育てている唐辛子。これはネパールの唐辛子で形は丸。

124 - コピー
これも夫が育てている唐辛子。
近所で買った日本の青唐辛子なのだが、成長しすぎて妙な形。



腹ごしらえした後はホテルの裏手にあるムスタファセンターに行く。
初日は地下の衣料品しか見なかったが、今度は1階の化粧品やら香水を見て、適当に見ているうちに着いてしまったのが腕時計売り場だ。
「ゲッ!まずい場所に着いたもんだ」
と思ったら、案の定、夫が時計の並んでいるケースから離れない。
しかも奴の足は高い時計、高い時計へと移動する。
「時計なんか買わないんだからね」
「わかっています。見てるだけ」
そう言うわりには食いつきそうなくらい時計に見入っている。

夫を時計から引き離し、手ぶらでホテルに戻ったところで、どうも我が胃がおかしい。
「痛いの?気持ち悪いの?」
と聞く母に
「痛くもないし気持ち悪くもないんだけど、辛いんだよ」
「辛い?」
母には理解できないらしいが、辛いとしか表現しようがない。

何がいけなかったって、数時間前に食べたインドネシア料理しか考えられない。
普通の胃の持ち主ならばなんてことはないのだろうが、私は虚弱な上に胃弱だ。
あの辛い漬物に手をつけず、腹六分くらいで止めておくべきだったと後悔したところで後の祭り。

そして夜中、下痢が始まった。
2、3回、トイレに駆け込む。
外国でこの症状が出たら、私の場合、正露丸は効かない。
病院で貰った強力な下痢止めを飲み
「どうか止まりますように」
と祈るばかり。

私がバタバタとトイレに行っているというのに夫も母も夢の中。
狭いホテルの一室に共にいるというのに、全くわからなかったそうだ。
二人共、炎天下のバード・パークを歩き、疲れていた、ということにしよう。
スポンサーサイト
海外旅行記 | シンガポール家族旅行記  | TB(0)  | Page Top↑
TrackBack URL
→http://namaste640.blog.fc2.com/tb.php/20-eb22db28

プロフィール

フリーエリア

カレンダー

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム