FC2ブログ
2018 10 / 09 last month≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11 next month
夫、流行にのる  02/14/2018  
先々週の金曜日のこと。
起床し、仕事へ行く準備をしていると、いつもなら私より早く起き、慌ただしく準備をして家を出る夫(ネパール人)が一向に起きてこない。
「もう7時過ぎてるよ。遅刻しちゃうよ!」
布団にくるまっている夫に声をかけると
「あたま、いたい」
布団の中からか細い声が返ってきた。

夫はよく頭痛をうったえ、私のかかりつけの近所のW医院でMRIを撮ったこともあるのだが、ネパールにいた頃に悩まされていた蓄膿症は完治しており、どこも異常はなく、所謂頭痛持ちだと診断された。

「仕事は休みな。お金を置いておくから、保険証と診察券持って、W医院に行きな。」
と言ったが、うんともすんとも返答がない。
「まあ、子供じゃないのだから行くだろう。」
と思い、私は出勤した。

とはいえ心配だったので、昼休みにラインをしたら、遅刻して仕事に行ったというではないか。
ということはいつもの頭痛だったのだなと安堵し、仕事を終えて帰宅し、私の後に夫が帰って来た。
「頭、痛いの治ったの?」
と聞くと
「今も痛い。喉も痛い。体、全体が痛い。」
と夫。
「馬鹿だね。無理して会社、行くことなかったのに。ほれっ。」
夫に体温計を渡すと、ムムッ!
38度あるではなか。
風邪なのかインフルなのか、素人にはわからない。
痛い、痛いと言うので、とりあえず常備薬ロキソニンを飲ませる。

翌朝、熱は下がっていたが、体の節々が痛いというので、会社は休み、W医院に連れて行く。
夫は日本語の日常会話はできるのだが、どうしてなのかはわからぬが、病院に一人で行くのは嫌らしく、いつも私が付き添う。
「昨日の夜38度あって、とりあえずロキソニンを飲んで、今朝は熱が下がったのですが・・・。」
と私が言い、
「体のあちこちが痛いです。喉も痛いです。」
と夫が言うと、
「怪しい!インフルの検査をしましょう。」
と医師。
そして検査をしたら、インフルエンザA型と判明。

「先生、私は昨年、ここで予防注射をしたから大丈夫ですよね?」
と聞くと、
「それが今年のインフルは予防注射をしててもうつるんですよ。注射を打っていない人よりは軽くてすむのですけどね。うつらないようにするには手洗い、うがい、あと一緒にご飯を食べちゃダメです。」
「え
「一緒に食べるとマスクはずして、お喋りしながら食べるでしょ。うつりやすいんですよ。」
「そうなんですか。でもそもそも狭い家なんで、もう家中インフル菌だらけですよね。」
私と医師が話していると、
「先生、インコにうつりますか?」
夫が口を開いた。
「インコ・・・・いやー、インコにうつるかどうかはわからないけど・・・。それよりまずは奥さんにうつらないようにすることですよ。」
夫の質問に医師は呆れていたが、実は私も夫と同じことを考えていた。
私は仮にうつってもこの病院に来て、安静にしていれば1週間もすれば治るのだが、ラニ君にうつったら大変である。

それにしても、みんながみんなではないと思うが、男の人が病気になると厄介ですね。
インフルと聞いた途端、夫は重病人のようになってしまい、私は至れり尽くせりをせねばならなくなった。
8年前、私がインフルになった時は、熱があっても買い物に行き、ご飯を作ったというのに
ちなみに夫はインフルになったのは初めて。
今年、流行にのりました。


話は愛鳥ラニ君(セキセインコ)になりますが、先の話のつづきのようになります。
金曜に夫のインフルが判明し、その週の日曜に、いつものようにホルモン注射に行きました。
「先生、今、家族がインフルになってしまい寝込んでいるのですが、この子にもうつりますかね?」
と聞くと、
「今年はインフルが大流行しているようですね。うちの親父もインフルが多いと言っていましたし、うちの子供達も先週はインフルだダウンしてましたよ。」
と先生。
先生のお父様は人間を診る医師らしく、一族みな医師なのでしょう。
「きっと、先生のお子様達も、将来は人間か動物の医師になるのだろうな。」
なんて、話ながら思った私。
「インフルがこのヒトにうつることはないので大丈夫ですよ。」
そう言われて一安心。
ラニ君はいつものようにホルモン注射と点滴をしました。

帰宅し、
「ラニ君にインフルはうつらないってよ。」
私が言うと、夫も安心したらしく、
「ラニ君、よかったね。」
などと夫はラニ君に声をかけ、インフルで休んでいる間中、朝からラニ君をケージから出し、遊ばせていたようです。
おかげでラニ君は遊び癖がついてしまいました。


前回、会社で試験があると書いたと思いますが、その試験は来週です。
ブログを書いている暇があるのなら勉強しろって感じなのですが、一応1㎝位のテキストは何度か目を通し、模擬問題も何度もやり、だからといって万全ではないのですが、なにしろ内容がつまらなくて、全然やる気がおきないのです。
現在研修期間中で、来週は試験勉強の日も設けてくれるようなので、
「まっ、いいかっ!」
ってな感じです。

IMG_20180114_104244.jpg
夫とラニ君。
ご飯茶碗に入っているのはフルーツ入りヨーグルト。
ほどよい器がなく、いつも茶碗に入れています。
ラニ君はこれが大好きです。


IMG_20180114_104239.jpg
大好きといってもラニ君は一人では食べません。
人と一緒に食べるのが好きなよう、夫と同じです。
我が夫も一人ではご飯を食べれず、というか「一人で食べるご飯は美味しくない!」
と言い、我が家はいつも三人一緒に夕食を食べています。

















スポンサーサイト
病気と付き合いながらの生活 | 家族  | TB(0)  | Page Top↑
TrackBack URL
→http://namaste640.blog.fc2.com/tb.php/151-f23c8cd2

プロフィール

フリーエリア

カレンダー

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム