2017 09 / 08 last month≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10 next month
心配事  09/08/2017  
今の時代、手帳を持っている人がどのくらいいるのかはわからないが、私は手帳愛用者である。
ちなみに私の手帳は鳥柄である。
毎年同じシリーズの手帳を文具店で探し、文具店で扱っていない時はネットで取り寄せている。

手帳には有給休暇の日や病院の予定やら、さして重要な事は書いていないのだが、その日の体調、というか、体調のいい日は何も書かず、体調が悪い日だけを記入するようにしている。
最も体調が悪い日には★マークをつけ、どんな状態で、飲んだ薬の名前を書く。

ここ最近で★マークがついているのは8月7日であった。
ちなみに月曜日だった。
ここのところ体調のいい日が続いており、
「もしや機能性胃腸症が治ったのではないか?」
と喜んでいたのだが、今週月曜、久しぶりの★マークである。

朝、起きた時から胃がムカムカし、会社を休もうかとも思ったが、ここで休んでも、また明日ムカムカするのであろうと思い、ガスモチン(胃の薬)を口に放り込んで家を出、電車に乗ったら更にムカムカしてきたので今度はナウゼリン(吐き気止め)を口に放り込み、会社に到着。
自席についたところで胃のムカムカは止まらない。
1時間我慢したところでリーゼ(安定剤)を口に放り込む。
今までであればリーゼを飲めばよくなるのだが、この日はよくならない。
「こんなに飲んじゃ、本当はいけないのだろうなあ。」
と思いつつも我慢ができず、プリンペラン(吐き気止め)にも手を出した。

4時間耐えて、昼休みになった。
当然ながら食欲はなく、けれども何か腹に入れておいた方がよかろうと思い、コンビニで小さなパンと大根のおでんを買い、それを食べて、またガスモチン、ナウゼリン、リーゼと飲む。
「これでよくならなかったら早退しよう。」
と決意を固めていたのだが、耐えること6時間、ムカムカがおさまった。

手帳を開くと、ここ数ヵ月、★マークは月曜ばかりである。
逆に言えば月曜を乗り越えれば大丈夫なのである。
以前ブルーマンデー症候群のことを書いたが、どうやら私の機能性胃腸症は今や完全にブルーマンデー症候群に移行したように思われる。
まあ、のべつ幕なしにダラダラと吐き気が続く機能性胃腸症に比べれば、休みの翌日だけと決まっているブルーマンデーの方がマシとは言えるが、それにしても何時間も胃のムカムカに耐えながら仕事をするのは辛い。
精神科の医師に相談とも思うのだが、言われる事に予測がつく。
「半日我慢すればいいのだからいいじゃない。」
こう言うに違いない。

本当は、今回はネパールの事を書く予定であったが、それはまたこの次にしよう。
嗚呼、ブルーマンデー、なんとかならないものだろうか。
悩みの種である。


自分の体調も心配ですが、自分のこと以上に心配なのは愛鳥ラニ君です。
我が家は共働きなので、平日の日中にラニ君が何をしているのかがわかりません。
「ラニ君、ただいまー」
と帰宅して、まずすることはラニ君のケージの扉を開けることです。
以前はすぐにケージから出てきたラニ君ですが、最近はなかなかケージから出てきません。

先週のことです。
夫(ネパール人)が
「この頃、ラニ君、怒っています。」
と真顔で言うのです。
そう言われてみると、どこがどう違うと聞かれたら困ってしまうのですが、いつものラニ君と違う気もします。
夫と二人でジーっとラニ君を観察すると
「あっないなくなってちゃったよー

ラニ君は左右の頬にブルーの模様があります。
そのブルーの模様の左下に黒のハート型の模様があり
「これ、ラニ君のチャームポイントだね
私と夫はいつもこう言っていたのですが、そのハート模様がないではありませんか。
数日の間に何年間もあったチャームポイントが消えてしまったのです。
そしてラニ君のケージを見ると、羽がわっさり抜けていたのですが、これは今にはじまったことではありません。
インコには換羽(トヤ)の時期があり、何度も経験していることです。

先週の日曜日、その日はラニ君の2週に1度の通院日でした。
診察室に入ると、まずは助手の人により、ラニ君は小さなケージに移され体重を量ります。
体重の後に先生が入って来られます。
「ん?なんか元気がありませんね。」
開口一番、先生はこう仰いました。
「元気が・・・なかったんですね。実は数日前、夫と『この子が怒っている』と言っていたのですが・・・。」
「怒っているわけではありません。何度もあくびをしているので、多分吐き気があるのでしょう。」
「今、トヤのようで、わっさり羽が抜けているんですが・・・。それにハートの模様もなくなってしまったのですが・・・。」
「模様がなくなることはよくあることです。」
と先生は笑い、次に真剣な顔で
「トヤの時は体力を消耗します。普通は水分を取って自分で調整するのですが、このヒトは水分をあまり取りませんからねぇ。それに黄色のヒトは肝臓も悪くしやすいですから。今日、注射をして薬を出します。水に混ぜて下さい。様子がおかしかったらすぐに電話を下さい。」
こう言われると過保護な私は心配で心配で、仕事になんて行っている場合ではないと思ってしまうのですが、小鳥を飼っている方々みなさんはどうされているのでしょうか?

今のところラニ君は餌を食べ、おやつのあわ穂も食べ、カトルボーン(イカ)をギリギリと齧り、おやつのクッキーも齧りまくって吹っ飛ばしているので、多分元気になったのだと思いますが・・・。
ラニ君が元気がなくなる度にオロオロしてしまう私です。

IMG_20170720_115323.jpg
以前にも掲載した写真ですが、左側に黒の♥があるでしょ。

IMG_20170830_215953.jpg
♥がなくなってしまいました



















スポンサーサイト
インコだぁーい好き | インコ様 ♪ 愛鳥成長録  | TB(0)  | Page Top↑
TrackBack URL
→http://namaste640.blog.fc2.com/tb.php/143-3b50e4d4

プロフィール

フリーエリア

カレンダー

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム