FC2ブログ
2018 10 / 09 last month≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11 next month
電車の中で・・・  06/28/2016  
日本の電車の中で流れる社内アナウンスは懇切丁寧だ、と以前何かの本で読んだことがある。
その本では懇切丁寧を決していいことではなく、幼稚だと批判していたのだが、まあ、ここでは幼稚かどうかはおいといて、私も社内アナウンスは懇切丁寧だと思う。

もしかしたら以前から流れていたのかもしれないが、ここ最近、気になるアナウンスがある。
「お体のすぐれないお客様は無理をせず、途中下車し、駅係員にお申し出下さい。」
というようなアナウンスである。
このアナウンスを聞くのは朝の通勤猛ラッシュをやや過ぎた、しかし電車は満員のラッシュ時間帯、つまり私が出勤する時間である。
会社帰りにこのアナウンスを聞いたことはない。

このようなアナウンスが流れるということは、体調が悪くても無理をして家を出、我慢をしていたが電車の中で倒れる人が結構いるのではないかと、私は勝手に解釈する。
そしてホッとする。
「無理して、我慢しているのは私だけじゃないのだ」と。

いつもいつも書いているが、私は機能性胃腸症だ。
私の場合、主な症状は吐き気なのだが、これが辛い!
胃部がムカムカし、吐きたいけど吐くこともできなければ、吐くものが胃に入っていない時も多々ある。
こんな症状が月に2、3度来て、その都度お粥、うどん、パンしか口にしない日が1週間以上続き、まともな食事をとっているのが月の半分もない。
揚げ物なんて・・・もう長いこと食べたことがないし、油っぽいものも極力避けているし、肉も魚も少量しか食べていない。
それでもその『少量』が続くと、胃が悲鳴をあげる。

会社での昼食はどうしているのかというと、今の職場は弁当を持っていけるので、弁当持参。
しかもお粥と梅干1個のお粥弁当だ。
少しムカムカがおさまると、食堂で素うどんを食べ、機能性胃腸症のおかげで食べる楽しみが奪れた。
超粗食生活に突入すると体重はすぐに落ち、従って太ることはないのだが、だからといって全然嬉しくない。
私は食べたい物を好きなだけ食べれる健胃が欲しいのだ。

話は社内アナウンスに戻るが、まさに昨日、朝からムカムカしていて、病院から出されている常時飲む5種類の薬に、吐き気止めと痛み止めも飲み、ようするに無理をして家を出たのだ。
電車に乗るといつものあのアナウンスが流れてきた。
どうも流れる時間も決まっているような気がする。
いつも私が乗ってすぐに流れるのだ。

それを聞いた途端、
「もう無理するのやめよう。無理して行ってどうなると言うのだ!自分の給料が減るだけじゃないか。こんなにムカムカしているのに・・・私は一体何をしているのだ!」
アナウンスに従い途中下車し、Uターン。
途中で会社に休む電話をし、帰宅して布団にもぐりこんだ。
たかが車内アナウンス、されど車内アナウンス。
私のようにしっかり聞き、背中を押されてしまう者もいるのだ。


それにしても機能性胃腸症は、今一番の悩みの種だ。
こういうものだと一生付き合っていくしかないのか。
ということは、食べたい物も食べれず、私は死んでいくことになる。嗚呼!



いつものように話しは愛鳥ラニ君にかわります。
「コガネメキシコインコって知ってる?今、インコ界のスパースターなんだって。」
白いレース鳩を飼っている我が妹からラインが来ました。
「知らない。インコ界のスパースターって、ラニ君だよ!」
親馬鹿な私は親馬鹿な返信をしました。

先日夫(ネパール人)が
「ラニはミス○○町(私どもが住む地区)だ!」
と言うので、私は即反論しました。
「何言ってるのラニ君はミス・ワールドなんだよ!」
夫は大笑いしました。

しかし、今ではミス・ワールドが定着し、我が家ではラニ君・ラニ赤ちゃん・ミスワールドと、ラニ君は3つの名前を持っております。
そして妹とのラインではワールドになっています。
ちなみに妹の白い鳩は本名ポロなのですが、ラインではミスターになっています。
親馬鹿ですみません


IMG_20160619_231629.jpg
健気に夫の頭を掃除するラニ君。
夫はこれが気持ちいいそうです。





スポンサーサイト
病気と付き合いながらの生活 | 仕事+ストレス=病気  | TB(0)  | Page Top↑
TrackBack URL
→http://namaste640.blog.fc2.com/tb.php/117-3180252d

プロフィール

フリーエリア

カレンダー

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム