2017 04 / 03 last month≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05 next month
スポンサーサイト  --/--/--  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 | スポンサー広告  | Page Top↑
大事な大事な宝物  03/31/2017  
2週間位前のことです。

隔週日曜は愛鳥ラニ君(セキセイインコ)の通院日です。
いつも書いておりますが、産卵防止の為にラニ君は2週に1度、ホルモン注射を打っています。
時間を有意義に使いたいので、ラニ君の病院はいつも朝一番に予約を入れています。

病院までは徒歩だと片道40分、自転車だと片道25分。
雨の日は徒歩で行きますが、晴れている日はラニ君のケージを袋に入れ、その上をバスタオルで覆い、自転車の籠に乗せて行きます。

家から病院までの間にラニ君はいつもケージの中でフンをします。
ところがその日、ラニ君はフンをせず、診察台の上に乗せ、ラニ君のお尻にフンがついているのを先生が見つけ
「うーん、ちょっと緩いような気もしますね。」
先生はラニ君のフンをティッシュで拭うと、いつものようにホルモン注射をしました。
「先生、人間の風邪がこの子にうつるということはありませんか?」
その日の1週間程前に夫(ネパール人)が寝込むほどのひどい風邪にかかり、
「ラニ君にうつったら大変!」
と思っていたので、このような質問を私は先生にしました。
「人間の風邪はこのヒト達にはうつりません。セキセイでもたまにオーム病を持っていることがあり、それが人間にうつるということはあります。」
こんな他愛もない会話を先生とし、自転車で帰宅。

病院から帰ったらラニ君は遊び時間です。
一日中餌も食べずに部屋の中を自由自在に飛び回るのがラニ君の日曜の過ごし方です。
ところがその日のラニ君は病院用のケージから出しても遊ばず、自分の家へ帰っていくではありませんか。
「ラニ君、遊ばないの?」
何度かラニ君に遊びを促しましたが、ラニ君は私の肩に乗るだけで、すぐに自分の家へUターン。
「いつもと違う。」
とは思いつつも、私はジョギングに出、夫(ネパール人)は洗濯をはじめました。

そして、午後、ケージの中のラニ君を見ていたら、目を閉じ、なんだかいつもと違うのです。
そのままラニ君を見ていると、急にパラパラと餌を吐き出し、人間で言えばオエッという素振りをするではありませんか。
「こりゃ、大変だ!」
私は慌てて今朝行って帰って来たばかりのかかりつけ病院に電話をし、大急ぎでラニ君を病院用ケージに入れ、また自転車をこいで病院へ行きました。

いつも笑顔の先生は厳しい顔をされ、ラニ君を診ました。
「フンが緩かったから『あれ?』とは思ったんですよね。今まで順調だったのに、来たかな?」
「先生、来たって、何が来たんですか?」
「この色のヒトは肝臓が悪くなりやすいんです。今、このヒトは吐き気があるんですね。ひとまず肝臓や胃炎に効く注射と吐き気止めの注射を打ちます。」
注射を2本打ち、ケージに移したラニ君を先生と二人でじーっと観察しました。
暫くすると、ラニ君は吐きました。
「心配しないで下さい。この注射を打つとすぐに吐くのが普通ですから。」
「先生、まさか死ぬことはないですよね?」
「明日の状態によります。明日も吐いていたら入院です。死ぬこともあります。」
「えそ、そんな・・・。死ぬなんて・・・。」
暫し私は茫然としてしまいました。
いつかは来るのでしょうが、ラニ君のいない生活は、今、考えられません。

1週間分の液体の胃炎・肝臓病に効く薬と吐き気止めが処方されました。
自転車で行ったのだから帰りも同じ道を自転車をこいで帰って来たのでしょうが、どこをどう走ったのか、覚えていません。
「ラニ君が死んじゃうかもしれない。どうしよう・・・。やだよーやだよー、ラニ君が死ぬなんて、やだよー。」
帰宅し、おろおろしながら夫にこう言うと
「大丈夫だよ。ラニ君は死なない。大丈夫だ。」
夫はこう言い、その日、我々二人はラニ君のケージから目が離せませんでした。

そして翌日、ラニ君は前日よりは元気でした。
外の野鳥が鳴くとラニ君も鳴き、前日の元気がない時のラニ君が全然鳴かなかったことに気づきました。

私は朝一番に病院へ電話をし、ラニ君の状態を説明し、ラニ君を病院へ連れて行きました。
「注射が効いたようですね。まだ吐き気はあるようなので、今日も注射を打ちましょう。薬を入れた水は飲んでいますか?」
「1回だけ口をつけたのはみたのですが・・・。そんな感じでも効くのでしょうか?先生、私も夫も仕事があるので、朝出たら帰宅するのは夜なんです。そんな環境にいるより入院して、完全によくなってから家に連れて帰った方がいいような気がするのですが、どうでしょう?」
「このヒトはうちで預かったことはありませんよね?」
「ないです。」
「このヒトは環境の変化に弱いと思いますよ。だいぶ顔が明るくなっているので、お家にいる方がこのヒトにとっては安心なはずです。家族のそばが一番安心なんですよ。」

その後、ラニ君は元気を取り戻しました。
よかった、よかったなのですが、ラニ君ももう4歳半。
人間で言えば中年です。
いつ何時大きな病気になってもおかしくありません。
ラニ君は私にとっては大事な大事な宝物。
1分1秒でも長生きしてほしいです。

IMG_20170205_153435.jpg
ジュースのストローが気になってしょうがないラニ君。

IMG_20170205_153428.jpg
あっ!
とうとう口をつけてしまいました。
スポンサーサイト
インコだぁーい好き | 未分類  | TB(0)  | Page Top↑
敏感な勘違い  02/19/2017  

日曜日です。
昨日も今日も仕事は休みです。
ゆっくり寝ていたところでしたが、昨日からダイエットを誓った私はいつも通りに起き、ストレッチをしジョギングをしました。
本当は昨日と同じ50分コースを走りたかったのですが、35分コースにしました。
というのは、朝一番に可愛いラニ君(セキセイインコ)を病院に連れていかないといけなかったからです。

病院といってもラニ君は病気ではありません。
産卵防止の為に隔週でホルモン注射を打っているのです。
「1羽なのに卵、産むんだ卵って、産んではいけないものなの
隔週でインコを病院に連れて行くと言うと、よくこう言われるのですが、私もインコが1羽でもポコポコ卵を産むと知ったのはラニ君の飼い主になってからです。
おっと、飼い主と書いてしまいましたが、ラニ君は私のことを飼い主とは思っていないことでしょう。
ではなにか?
多分お世話係くらいの位置にいることと思います。

話がそれましたが、ラニ君の主治医によると、餌の心配もなく、敵もいず、温度調節された室内で飼われているペットは、いつでも卵が産める状態であり、つまり幸せということだそうです。
また産卵というのは人間で言えば出産です。
沢山のカルシウムを奪われ、体力も使い、幸せだからといってポコポコ卵を産ませてしまうと早死にしてしまうそうです。
ラニ君には長生きをしてもらいたいので、雨が降ろうが雪が降ろうが、ラニ君の病院だけはきちんと行く私です。

病院に行く時は病院用の小型の籠にラニ君を入れます。
その中で、ラニ君は決まって何個かフンをします。
まあ、籠の中に限ったわけではなく、インコはよくフンをするのですが。

今日もラニ君はフンをし、
「ん
私は思いました。
心なしかフンが大きいのです。
産卵の前になるとフンが大きくなるので、
「もしや卵

そしてラニ君の番が回って来て、先生もラニ君のフンを見て、
「あれ!大きいですね。」
と仰り、体重を計ると32g。
ラニ君のベスト体重は30~31gで、たった1gではありますが、いつもより重いではありませんか。
体重が増えるというのもまた産卵の兆しです。

先生がラニ君の骨盤を触ると
「あー、1~3割位開いていますね。」
と苦笑いをされました。
「ってことは、卵の準備をしていたのでしょうか?もうそんな時期なんですか?」
「ここのところ、暖かいじゃないですか。だから春になったと勘違いしたヒト達が多くて。さっき診たオカメインコも発情していたのでこの注射を打ちましたし、昨日も文鳥ですが、卵と一緒に卵管が出てしまったヒトが来ましてねぇ。まあ、このヒトは、今日注射を打てば大丈夫ですよ。」
「先生、これからはいつ産んでもおかしくないのですね!」
私が言うと、先生はまた苦笑いをされました。

ペットといえども鳥達は季節に敏感で、多分に漏れずラニ君も敏感なようです。

IMG_20170219_114759.jpg
日曜の朝食はラニ君も一緒です。


IMG_20170219_114731.jpg
食パンの固いところが大好きなラニ君。
今日も盗み食いです。

インコだぁーい好き | インコ様 ♪ 愛鳥成長録  | TB(0)  | Page Top↑
ダイエット開始  02/18/2017  
年が明けて、早いものでもう2月も後半である。

今年に入って非常に気になるのは、体重である。
FDこと機能性胃腸症になって以来、痩せることはあっても太るのことを気にすることはなかった。
なにせ、2、3ヵ月おきに吐き気や胃のムカムカで食べられなくなる。
そうなると体重は簡単に2、3キロ落ち、昨年の夏から秋にかけて1カ月以上吐き気が止まらなくなった時は体重が5キロ落ち、これ以上痩せたらまずいとさえ思ったものだ。

以前にも書いたが、昨年の吐き気は尋常でなく、ドクターショッピングをし、行きついた先はジプレキサという薬。
この薬、色々と副作用がある。
まずは便秘である。
初めは冬の寒さで、寒いトイレに長居したくない為に自然と便意を催さなくなったのではないかと軽く考えていたのだが、溜め込む日が1週間ともなり、そういう日が続くと、流石の私もおかしいと思った。
それを主治医に伝えたら、
「あー、きたね。多分、副作用だと思う。」
マグミットなる便秘薬と、もうひとつ液体の便秘薬が処方された。
マグミットは便を柔らかくする薬であり、これでもダメなら液体の薬の出番である。

便秘になって気になりだしたのが『ぽっこりお腹』である。
溜め込んでいるからしてぽっこりしているのだろうと初めは気にとめていなかったのだが、今年に入って久しぶりに体重計に乗ってみたらビックリ!
我がベスト体重は45、6キロなのだが、限りなく48キロに近い。

病院に行くと毎回聞かれるのが体重のことである。
この薬の副作用に太るということもあり、更に人によっては血糖が上がることもあり、先にも書いたが副作用が多いのである。
「先生、たいして食べていないはずなのに、太りました。便秘だからですかね?」
と聞くと、
「この薬を飲んでいる人はみんなたいして食べていないと言うんだよねー。普通に食べていたら太ります。野菜やヨーグルト等、便秘にも効いて、かさのあるものでお腹を満たして。」

医師の『普通』というのがどの位の量なのかがわからないが、自分で言うのもなんだが私の普通は他の人の普通よりずっと少ないと思う。
朝は食欲がないので、薬を飲む為にパン一口とコーヒー。
昼はコンビニの野菜サラダと菓子パン半分、夜はごはん2、3口に野菜のおかず少々。
がっつり肉を食べることもなければ、ズズーッとラーメンをすすることもなく、美味しいものを腹いっぱい食べて太るならともかく、美味しいものを我慢しているのに体重だけは着々と増えていく。

「ねえ、このお腹、すごくない?」
数日前、ぽっこりお腹をさすりながら夫(ネパール人)に言うと
「わー、ホントだ!ブヨブヨしてる。ブヨブヨしていて気持ちいい。」
夫が私の下腹の肉を掴んでこう言うではないか。
本当のこととはいえ、がっくりくる。

そして恐る恐る体重計に乗ってみたら、ガーーーーーーーン!
48キロを超えているではないか。
まごまごしていたら49キロ、いや50キロもそう遠くない。
それにネットを見ると、ジプレキサで10キロ20キロ太ると恐ろしいことも書いてある。

膝から上、胸から下についたと思しき脂肪を見て、昨夜決意した。
「ダイエットしなくちゃ!」と。
そして、今朝は30分ストレッチをし、50分ジョギングをした。
できれば3キロ、せめて2キロ、いやこれ以上太りたくないと思う今日このごろである。



愛鳥ラニ君(セキセイインコ)は元気です。
小さなインコとはいえ4年も一緒にいるとラニ君の気持ちがわかるようになります。

ラニ君はフルーツが好きです。
しかも夕食後に我々飼い主がフルーツを食べるということもわかっています。

面倒くさがり屋の私はよくカットフルーツを買います。
スーパーでプラスチックの容器に入ったアレです。
圧倒的にパイナップルが多く、ラニ君もパイナップルが好きです。
でもいくら好きでも、人間が毎日同じ物を食べると飽きるように、ラニ君も飽きるようなのです。

その日はリンゴがありました。
しかしお腹が満たされた私はリンゴを剥くのが面倒で、夫(ネパール人)もリンゴを剥くのが面倒だと言い、
「今日はデザートはいらないよ。」
人間二人が横着をしようとした時です。
ジャージャージャージャーっとラニ君が大きな声で鳴き喚きました。
「ワタシのことを忘れていませんか?アナタ達は夕食を食べてお腹一杯だからいいでしょうけど、ワタシの楽しみはフルーツだけなのですよ。リンゴを剥くのが面倒?ワタシは人間と違って少ししか食べませんよ。それくらいしてくれてもいいじゃないですか。」
インコ語だとこんな感じでしょうか。
とにかくその時のラニ君は明らかに怒っていました。

私は重い腰をあげ、リンゴを剥きました。
ラニ君はそれはそれは美味しそうにリンゴを食べ、ラニ君が美味しそうに食べてくれると嬉しいものです。
ちなみに、これまで色々なフルーツをラニ君に与えてみましたが、イチゴ、あれはダメなようです。
ラニ君のお口に合わないようです。
人間にとっては洗うだけで食べれる簡単なフルーツなのですが・・・。

IMG_20170121_204218.jpg
ラニ君はよくこの場所でコウモリのように止まっています。
好きな場所のようです。


1485670363298.jpg
スマホを充電しながら、私はよく寝転がりながらゲームをします。
すると決まってラニ君がトトトトッとやってきて、充電器のコードに止まります。
細くて長いものはなんでもラニ君の止まり木になるのです。

インコだぁーい好き | 仕事+ストレス=病気  | TB(0)  | Page Top↑
お守り  01/09/2017  
今年は病気や薬の話は書きたくないと思ったが、毎日欠かさずに飲んでいるのが薬であり、日々願っているのが「どうか吐き気が来ないように」であり、本当はもっと楽しいことを書きたいのだが、どうしてもこちらの方向の話になってしまう。

かなり前に書いたが、9年程前、私はひどい眩暈に悩まされた。
眩暈には3種類あるらしいが、私の眩暈は横揺れの、常に地震酔いしているような眩暈であった。
内科、婦人科、耳鼻科とかかり、検査ではどこも悪くなく、行きついた先は心療内科。
ストレスによるものだと診断され精神安定剤のリーゼが処方された。

リーゼはよく効いた。
だからと言って眩暈がすぐに治ったわけではない。
横揺れの眩暈は長年かかっていつの間にかなくなり、しかしながら頭がクラクラするような、口では表現し難い妙な症状だけが残り、こう書くとたいしたことないように思われるだろうが、この妙な感じが実に辛い。
心療内科の医師に相談はしたのだが、たいしたことではないと思われたのか、いつもスルーされ、私はというと、リーゼを飲むと頭のクラクラが取れるものだから昨年の秋までリーゼを飲み続けていた。

そして昨年夏から秋にかけて、いつも書いているがFDこと機能性胃腸症が悪くなり、それまで何年もかかっていた近所の中規模程度の消化器内科に見切りをつけ、隣駅の大きな病院の消化器内科に、つまり病院と医者を変えたのだ。
とはいえ、検査をしてもどこも悪くなく、こういう患者には出す薬はないと医師も困り顔。
恐らくそうなるだろうと予測がついたので、
「ジプレキサを試したい。」
自分から切り出した。
ジプレキサとは機能性胃腸症コミュニティの方から「吐き気に効く」と教わった薬である。

ジプレキサは消化器内科では出せない薬であり、試したいのであれば精神科へと言われ、同病院の精神科にまわされ、となるとこれまで8年間かかっていた心療内科は行く必要がない。
お世話になった先生には申し訳ないが、勝手に行くのをやめることにした。

精神科でジプレキサが処方され、1カ月半止まらなかったFDの症状である吐き気は止まった。
そして、ついでのように、これこれしかじかと心療内科にかかることになった経緯を話し、
「先生、頭がクラクラするというか、口で表現するのは難しいのですが、妙な感じがするのです。これは一体全体、なんなのでしょう?」
今の主治医となった女性の医師に聞いてみると、先生は一瞬間考え
「それは、多分、リーゼの離脱症状だと思います。前にも同じことを言う患者さんがいて、リーゼって、一番軽い安定剤だから安心して使える薬だから私も知らなかったのだけど、患者さんに言われて初めて知ったんですよ。」
「離脱症状・・・。どうしたら、このクラクラは取れるのですか?」
「リーゼをやめれば、すぐにではないけど、自然と、気がついた時にはなくなっています。でも、今まで8年も飲んでいた薬を止めるのは怖いだろうから、リーゼのかわりにメイラックスという薬を出します。」

メイラックスならば以前にも飲んだことがある。
FDこと機能性胃腸症が悪化し、近所の中規模程度の消化器内科の医師が心療内科の医師に相談してと丸投げした時に、心療内科で出されたのだ。
リーゼは飲んで30分もすると効き目が実感できるが、メイラックスは全く効き目か感じられない。
それを今の医師に言ったところ
「だからいいんです。メイラックスは1錠で長い時間効くから穏やかな効き目なの。リーゼは短時間しか効かないから効き目は感じられるけど効き目がなくなるのも早いの。効かなくなったらまた飲んでしまうから、結果的に薬を沢山飲んでしまうことになるんです。まずは試してみて。」
薬の離脱症状を薬で制すとは、何か矛盾を感じるが致し方ない。

今、リーゼ絶ちしてから3ヵ月たつ。
若干はあるが、頭のクラクラがなくなっている。
でも、私の薬ポーチにはリーゼが入っている。
お守りである。


今年一番の通院は私ではなく、ラニ君でした。
ラニ君は隔週日曜日に産卵防止の為にホルモン注射を打ちに行っているのですが、今年はカレンダーの並びが悪く元旦が日曜日ではありませんか。
当然ながら獣医さんはお休みで、4日に有給休暇を取り、ラニ君を病院へ連れて行きました。

1月4日が来るまで、すなわち正月の間中、私はヒヤヒヤしておりました。
というのはホルモン注射の効き目は2週間。
昨年最後の受診から4日まで2週間以上開いており、茶褐色の蝋膜をしたラニ君はいつでも産卵できる状態です。
「ラニ君、お願いだから卵を産まないで。」
私は心配でたまらなかったのですが、私の願いがつうじてか、ラニ君は卵を産まず、風邪もひかず、4日にホルモン注射を打ちました。

そして今、更なる心配です。
4日は水曜日でした。
次の受診を15日にするべきか22日にするべきか先生に聞いたところ
「このヒトは今、安定していますから、少しあけて22日にしましょう。」

仕事がなければラニ君の通院日に頭を悩ますこともなければ産卵の心配もないのでしょうが、なにせ仕事をしなければラニ君の病院代は捻出できず、自分も死活問題なので仕方ありません。
22日までラニ君が卵を産まないことを祈るばかりなのですが、もし産んでしまったらと心配するのが私の悪い癖です。
その時は「家族が病気で・・・」と言って会社を休むことにします。

IMG_20170109_183106.jpg
我が家は賃貸である。
元は畳だった部屋を無理やり洋室にリフォームしたのだろう。
だから壁に木の桟がある。
しかし、これがラニ君にはよかった。
格好の止まり木なのである。


IMG_20170109_183039.jpg
小首を傾げるラニ君。
この顔に私は弱い


病気と付き合いながらの生活 | 未分類  | TB(0)  | Page Top↑
あら、不思議!  12/31/2016  
今年も残すこと今日1日である。
仕事の日の1日は長いというのに、1年はあっという間である。

今年はFDこと機能性胃腸症に特に悩まされた年であり、夏から秋にかけて吐き気が止まらなくなり、会社は長期で休むは、ドクターショッピングはするはで、厄年なのか、はたまた生霊でもついているのかと思う年であった。

1週間程前のことになるが、今年最後の機能性胃腸症外来に行ってきた。
その日は数日前から若干の吐き気があった。
ジプレキサなる強い薬を飲んでいても、全く吐き気がないわけではない。
以前ほどではないが、時々軽い吐き気がある日もあり、その日がまさにそうであり、行くか行かぬかすごく悩んだ。
というのは、片道1時間半弱かかり、いくら行く先は病院とはいえ、体調が悪いと道中が辛く、従ってこの病院へ行く時はいつも体調がいいわけで、この病院の独特な治療法が効いているのかいないのかはわからず、それを確かめたく、ナウゼリン(吐き気止め)を口に放り込み、行ったのである。

「ここのところ、ひどくはないのですが、今いち体調が芳しくなく、今も少し吐き気のような、胃の不快症状があるのですが・・・」
と申したところ
「それならなおのことチャンスです。さー、横になって、私が教えたことをやってみて下さい。」
と医師に言われる。

教えたこととは、コップに水が入っていることを想像しながら胃の3か所のつぼらしき所をグリグリ押しながら、
「大丈夫、安心してね、よく頑張りました、どうもありがとう」
と唱えるのである。
これをやるのは、実はとても恥ずかしい。
先生以外誰もいないからいいのだが、傍から見れば馬鹿みたいであり、我が夫(ネパール人)なんぞは家で私がこれをすると
「アナタ、アタマ、足りない人みたいです。」
と、クククッと笑う始末。

先生に言われた通り、診察室のベッドに横になりながら、先生に言われるまま何度も何度も4つの文言を唱えた。
そして起き上がると、あら、不思議!
さっきまで確かにあった胃のムカムカがおさまったではないか。
以前も書いたが、これまでは疑いの方が大きかった。
「こんなもので効くわけがない。それより効く薬をおくれ。」
ってな感じだったが、
「これは、もしかして、もしかしたら、効くのかもしれない。」
一歩前進である。

帰宅し、先に書いた出来事を夫に話したら
「それはマントラだ!その先生はマントラができる人なんだ!」
いつもは馬鹿にするくせに、大真面目に言うではないか。
マントラとはググればすぐにでてくるが、夫の母国ネパールでは、呪術師が唱える、日本で言えばお経のようなものだ。
ネパールくんだりでは、未だに呪術師もマントラも信じられていて、多分にもれず我が夫も信じている。

来年は機能胃腸症外来の先生のマントラがもっともっと効くことを祈るばかりだが、これは毎日自分でやらなければならないので私が頑張るしかなく、夫に大笑いされるのが嫌なので、ひとりの時にこっそりやることにしよう。


ここで話はがらりと変わりますが、我が家では4年間、旅行に行っていません。
というのは愛鳥ラニ君(セキセインコ)を置いては行けず、かかりつけ病院で預かってもらうという手もあるのですが、病院に泊まるということはストレスがかなりたまるらしく、お泊りの練習をしてからの方がいいと先生に言われ、お泊りの練習をする場がないのでペットホテルも利用できず、だから旅行に行くことは諦めていたのですが、時々1泊でいいから違う場所で違うご飯を食べたり、フカフカのお布団で寝てみたり、いつもとは違う景色を見たいと欲深な飼い主(私のこと)は思ってしまい、先日、ラニ君のかかりつけ病院の先生にまた相談してみたところ
「このヒトも一緒に連れて行けばいいのです。」
「でも・・・こんな小さな籠に入れていてはストレスがたまりませんか?」
と聞くと
「ストレスは溜まるでしょうが、このヒトにとって一番のストレスは家族と離れることなんです。小さな籠の中にいても、このヒトは家族と一緒が一番幸せなんです。籠の蓋があかないように気をつければ大丈夫でしょう。」
先生はこう仰いました。

帰宅し、病院へ行く時用の小さな籠をまじまじと見ました。
籠の施錠に気をつけたとしても、その籠についている餌箱は小さく、しかも固定されていない為、病院の行き帰りだけで籠の中でゴロゴロとあっちこっちに転がってしまう程、ちゃちなつくりです。
これではラニ君が餌を食べれず、餌を与えるには籠の蓋を開けないわけにはいかず、このちょっとした間にラニ君が出てしまうということも大いに考えられます。
知らない土地でラニ君がお空に羽ばたいてしまったら、泣くに泣けず、危険をおかしてまで旅行に行く必要はないということにいきつきました。

年末年始の、いつもより少し長い休みも、ラニ君と夫と家で過ごします。

IMG_20161215_152354.jpg

IMG_20161215_155141.jpg
宅には大型の棚があります。
最近ラニ君はこの棚の中を探索することを覚えました。
好奇心旺盛なラニ君はどんどん奥に入ります。
時々自力では出られなくなり、ジャージャージャージャーっと、
死にそうな声で助けを呼びます。
だからいつも見張っていなくてはなりません。

 | 未分類  | TB(0)  | Page Top↑

プロフィール

フリーエリア

カレンダー

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム